Archives

All posts for the month March, 2011

Tip Line(Morning Report)English to Japanese translation

Published March 29, 2011 by ladyserenity92

Here’s some ‘pep talk’ for today.

(English to Japanese translation!)

We are all pencils in the hand of God. —-Mother Teresa.(Soon to be India’s first female Saint!)

All the world’s a stage. —-William Shakespeare

You’re never too old nor too young for a teddy bear. —-Katie, age 11

Waste your money, then you’re broke. Waste your time, and you’ll miss out on the things that are irreplaceable. —– Anonymous.

Thanks for the adventure. Now go make some of your own. You’re never too late nor old to start your own adventures. (From Disney Pixar’s “Up”!)

Daredevils take risk. So do skydivers. Take the plunge; the first fall won’t kill you.(From “Butch Cassidy & the Sundance Kid.”)

You know two words in my dictionary that I hate the most are…?

  1. Excuse— It’s sounds like  ‘execution’. Excuses are like executions. Kills dreams and goals dead.
  2. Quit— Giving up on everything because of some ‘bad apples’ that made your first pie awful. Don’t give up just because of some people that don’t like you. They don’t like themselves and want to take out their rage out on a ‘scapegoat’. Case in point: 

  Gordon Ramsey went undercover as a food truck vendor. For some reason, some people didn’t like “Sir Ram”. For good measure, a group from ‘The association of Love’ burned down Chef Ramsey’s food truck. Instead of ‘getting even’; he did something a real man did. The next day, Gordon and a lot of his friends  got up and picked up the pieces. Gordon Ramsey held a blue plate special in front of the fire department. All proceeds went to the neighborhood that needed his help in the first place.

Chef Ramsey dedicated the ‘feast’ to the ones who almost destroyed him. He forgave them.

Thanks to Webster’s updated dictionary, those two words are now ‘obsolete’.

Winning! —-Charlie Sheen

Go for Broke! —-Japanese US Navy from Camp Topaz.

For Yu and the citizens of The nation of Japan.

And all of the Japanese and Gaijin everywhere!

This’s posts for you!

Donate today!

ここでは今日のいくつかの’激励’です。

私たちは神の手内のすべての鉛筆です。 —-マザーテレサは(すぐに、インド初の女性セントする!)

全世界が舞台です。 —-ウィリアムシェイクスピア

あなたは、決してすぎるすぎずテディベアの若い人たちは老人だ。 —-ケイ、11歳の

廃棄物あなたのお金は、その後、壊したしています。廃棄物のあなたの時間、あなたはかけがえのないものを逃していただきます。 —–匿名。

冒険をお寄せいただきありがとうございます。今、独自のいくつかを確認してください。あなたは、決して遅すぎるも、古い自分の冒険を開始するためです。 (ディズニーピクサーが”Up”ですから!)

命知らずは、リスクを取る。だからスカイダイバーを行います。急落してください。最初の秋はあなたを殺すしません(から”ブッチキャシディ&サンダンスキッド。”)

、私が最も嫌いな私の辞書は、2つの単語を知っている… …?

言い訳は—それがいるような執行を’ですね。言い訳が処刑のようなものです。撃破の夢や目標死んだ。
終了は、—あなたの最初の円グラフはひどいしたいくつかの悪いりんご’のため、すべてを諦めます。あなたを好きではない一部の人だけのためにあきらめてはいけない。彼らは自分自身を好きではないと’スケープゴート’にその怒りを出したいと思って。ポイントの例:
  ゴードンラムゼイは、食品のトラックベンダーとして潜入した。いくつかの理由で、一部の人々は”サーラム”のようでした。良い指標については、焼失シェフRamseyさんの食品フォークリフト’愛の協会のグループから。代わりにさえなって’の、彼は何かをした本物の男がやってのけた。翌日、ゴードンと彼の友人の多くが立ち上がって、作品をピックアップ。ゴードンラムゼイは青色のプレートを消防署の前で特別開催された。すべての収益は、最初の場所で彼の助けを必要として近所に行ってきました。

シェフRamseyさんは、ほとんど彼を破壊したものに’宴’を捧げました。彼は彼らを許した。

おかげでウェブスター辞書の更新は、これらの二つの言葉は今は’obsolete’です。

受賞! —-チャーリーシーン

いちかばちかやってみる!キャンプトパーズから—-日本アメリカ海軍。

についてはYuと日本の国家の国民。

日本や外人のすべてのだらけだ!

これはあなたのための記事です!

今日の寄付!

Listen.
Read phonetically with me.
Repeat after Me. —-Shinri Fuwa(Groundbreaking manga artist.)
Alive and well!
Repeat after Me, on sale now! Or at your local libaray!
 
Koko de wa kyō no ikutsu ka no’ gekirei’desu.

Watashi-tachi wa kami no te-nai no subete no enpitsudesu. —- Mazāteresa wa (sugu ni, indo-hatsu no josei sento suru!)

Zen sekai ga butaidesu. —- U~iriamusheikusupia

Anata wa, kesshite sugiru sugizu tedibea no wakai hito-tachi wa rōjinda. —- Kei, 11-sai no

Haiki-butsu anata no okane wa, sonogo, kowashita shite imasu. Haiki-butsu no anata no jikan, anata wa kakegae no nai mono o nogashite itadakimasu. —– Tokumei.

Bōken o o yose itadaki arigatōgozaimasu. Kon, dokuji no ikutsu ka o kakunin shite kudasai. Anata wa, kesshite oso sugiru mo, furui jibun no bōken o kaishi suru tamedesu. (Dizunīpikusā ga” Up”desukara! )

Inochishirazu wa, risuku o toru. Dakara sukaidaibā o okonaimasu. Kyūraku shite kudasai. Saisho no aki wa anata o korosushimasen (kara” butchikyashidi& sandansukiddo. ” )

, Watashi ga mottomo kiraina watashi no jisho wa, 2tsu no tango o shitte iru… … ?

Īwake wa — sore ga iru yōna shikkō o’desu ne. Īwake ga shokei no yōna monodesu. Gekiha no yume ya mokuhyō shinda.
Shūryō wa, — anata no saisho no en gurafu wa hidoi shita ikutsu ka no warui ringo’ no tame, subete o akiramemasu. Anata o sukide wa nai ichibu no hito dake no tame ni akiramete wa ikenai. Karera wa jibun jishin o sukide wa nai to’ sukēpugōto’ ni sono ikari o dashitai to omotte. Pointo no rei:
   Gōdonramuzei wa, shokuhin no torakkubendā toshite sen’nyū shita. Ikutsu ka no riyū de, ichibu no hitobito wa” sāramu” no yōdeshita. Yoi shihyō nitsuite wa, shōshitsu shefu Ramsey-san no shokuhin fōkurifuto’-ai no kyōkai no gurūpu kara. Kawari ni sae natte’ no, kare wa nani ka o shita honmono no otoko ga yatte noketa. Yokujitsu, gōdon to kare no yūjin no ōku ga tachiagatte, sakuhin o pikkuappu. Gōdonramuzei wa aoiro no purēto o shōbōsho no mae de tokubetsu kaisai sa reta. Subete no shūeki wa, saisho no basho de kare no tasuke o hitsuyō toshite kinjo ni itte kimashita.

Shefu Ramsey-san wa, hotondo kare o hakai shita mono ni’-en’ o sasagemashita. Kare wa karera o yurushita.

Okage de u~ebusutā jisho no kōshin wa, korera no futatsu no kotoba wa ima wa’ obsolete’desu.

Jushō! —- Chārīshīn

Ichi kaba Chika yatte miru! Kyanputopāzu kara —- Nippon amerika kaigun.

Nitsuite wa Yu to Nippon no kokka no kokumin.

Nippon ya gaijin no subete no darakeda!

Kore wa anata no tame no kijidesu!

Kyō no kifu!

私と一緒に発音読んでください。
私の後にこの手順を繰り返します。 —-心理不破(画期的な漫画家)。
健在!
現在発売中の私の後を繰り返し、!またはお近くのlibarayで!
Listen
Read phonetically
Watashi to issho ni hatsuon yonde kudasai.
Watashi no nochi ni kono tejun o kurikaeshimasu. —- Shinri Fuwa (kakkitekina manga-ka).
Kenzai!
Genzai hatsubai-chū no watashi no nochi o kurikaeshi, ! Matawa o chikaku no libaray de!
  

A small ‘note’ on the upgrade!

Published March 27, 2011 by ladyserenity92

Yeah! Nice work you’ve done on your site!—-Kyle, Detroit, MI.

Thanks, Bro!

Visit Colorado anytime!

You know I will!

Thanks to my fans!

Go for broke!

うん!あなたのサイト上でやった仕事をニース-!カイル、ミシガン州デトロイト。

おかげで、兄弟!

いつでも、コロラドにアクセス!

あなたは私がしますよ!

私のファンに感謝!

壊したために行きなさい!

Listen
Read phonetically(www.google.com)
Un! Anata no saito-jō de yatta shigoto o nīsu – ! Kairu, mishigan-shū detoroito.

Okage de, kyōdai!

Itsu demo, kororado ni akusesu!

Anata wa watashi ga shimasu yo!

Watashi no fan ni kansha!

Kowashita tame ni iki nasai!

For Bess!

Published March 25, 2011 by ladyserenity92

It’s such sweet sorrow that you departed from this world.

Who will fill your shoes that you wore?

Who will stand up to those that cannot stand up for themselves?

Who will love you more that you gave so much?

Who will forgive you and still be your friend?

They’ll never be another person to fill your shoes.

Not in this lifetime.

I hope the next lifetime someone will.

In a new spirit of a worthy person.

God bless you, Bess!

For Elizabeth Taylor(1932-2011)

Go for Broke!

Thank goodness she did!

Sore wa anata ga kono sekai kara shuppatsu shita yōna amai kanashimida.

Anata no kutsu o kinyū shimasu anata wa dare ga kite iru?

Kore wa, jibun jishin no tame ni tachiagaru koto ga dekinai mono ni dare ga tatsu nodarou ka?

Anata wa, dare ga son’nani ataeta anata o motto itoshi nodarou ka?

Dare ga anata o yurusuga, mada anata no yūjin ka?

Karera wa anata no kutsu o umeru tame ni betsu no ningen ni naru koto wa kesshite naidarou.

Te inai kono kikan inchi

Watashi wa,-ji no shōgai, dareka ga kitai.

Rippana hito no aratana seishin de.

Kami wa, besu o shukufuku!

Erizabesuteirā (1932 – 2011) nitsuite

Ichi kaba Chika yatte miru!

Yokatta kanojo wa inai!

それはあなたがこの世界から出発したような甘い悲しみだ。

あなたの靴を記入しますあなたは誰が着ている?

これは、自分自身のために立ち上がることができないものに誰が立つのだろうか?

あなたは、誰がそんなに与えたあなたをもっと愛しのだろうか?

誰があなたを許すが、まだあなたの友人か?

彼らはあなたの靴を埋めるために別の人間になることは決してないだろう。

ていないこの期間インチ

私は、次の生涯、誰かが期待。

立派な人の新たな精神で。

神は、ベスを祝福!

エリザベステイラー(1932-2011)について

いちかばちかやってみる!

よかった彼女はいない!

5Q(Riddle me this)

Published March 21, 2011 by ladyserenity92

Riddle me this….

  1. What do you want me to post about?
  2. Do you want to know more about Yu Kona?
  3. Or, about my secret plans?
  4. Perhaps…. if I survived the ‘Supermoon’s’ spell?
  5. Do you want to know?

Riddle me this…riddle me that.

Pay the boat captain her fare to keep her ship of answers afloat.

Donate today.

Don’t miss the boat.

Donate now!

Go for broke!

リドル私この….

あなたは何を私には約を投稿したいのですか?
あなたがゆうコナについて詳細をお知りになりたいですか?
または、私の秘密の計画はどうですか?
おそらく….私はSupermoonの’呪文を生き延びたか?
あなたが知っているか?
謎私は、この…そんなことなぞ。

彼女は海上答え、彼女の船を保つために運賃ボートの船長を払ってください。

今日の寄付。

ボートをお見逃しなく。

今すぐに寄付!

壊したために行きなさい!

Super Moon=Super Nonsense!

Published March 19, 2011 by ladyserenity92

Old wives tales and folklore often tell about strange things that happen when there’s a full moon.

Mainly it’s because for thousands of years, there have been stories about the moon.

There had been about kingdoms, and dragons; angels falling in love with muggles.

Some tales have been forgotten;others have been revived for a new generation.

I hate to burst your ‘dream bubble’.

Things happening at the full moon are just ‘moonshine.’

A supermoon is just a once in a lifetime display.

This is why you shouldn’t believe in old wives’ tales.

Old wives tales are not to be taken too seriously.

And ‘telling’ moonshines on other people hurts everybody.

Careful with the old wives tales.

They can change people.

I can’t wait ’til then!

Go for broke!

Aflac ‘shuts the duck up’ for good!

Published March 15, 2011 by ladyserenity92

After eleven years of putting up with ‘the comic prince of mean’ Aflac has sent its spokesvoice-over its pink slip.

Via email.

Comedian/actor Gilbert Gottfried was fried this morning after tweets that many have called ‘sick, heartbreaking and unacceptable’ during a time of crises. Gottfried tweeted jokes about Japan and its victims of the earthquake. What the ‘moron’ didn’t know was that Aflac has a partnership with Japan. Bottom line: you mess with our partners in business, you will be fired.

Gottfired=fired!

And some other famous(infamous) celebrity is also in the ‘cobra pit’.

Rapper/actor 50 Cent(AKA:Curtis James JacksonIII) is under fire for his ‘Japanese’ commentary on his ‘tweets’.

50 and Gottfried better have some explaining to do.

Not to mention earning redemption from the fans that they hurt with their ‘gifts’.

No matter who tells you otherwise: Free speech always comes with a string and tag attached.

Gifts are always curses; unless you make it that way.

As for the internet….

What you post online can be taken out of context by other people.

Once its there, than kiss your lifestyle ta-ta.

Just like the post from long ago:

 A pen and paper are sometimes the most deadly weapons that can hurt a person more than a gun.

As for me, I’m now trying to redeem myself because of the one person I’ve hurt.

5 years later, I still haven’t forgotten what I’ve had done.

I wish that I could go back and research; and taking a second look before doing something stupid.

“Pity”.

Go for broke!

Shut the Duck up or ‘you’ll crack up’ a very good relationship with the people you love.

アフラック’平均の漫画王子’と我慢の11年後に送って、そのspokesvoice -そのピンクのスリップの上。

を介して電子メール。

コメディアンは/俳優ギルバートゴットフリード多くの人が危機の時に’胸が張り裂ける、受け入れられない、病気’と呼ばれていることつぶやき後今朝揚げていた。ゴットフリートは、日本と地震の犠牲者についてのジョークをつぶやいた。何バカは知らなかったアフラックは、日本とのパートナーシップを持っていることでした。ボトムライン:あなたのビジネスのパートナーと混乱、あなたが起動されます。

Gottfiredが発生=!

そして、いくつかの他の有名な(悪名高い)セレブのコブラピット’でもあります。

ラッパー/俳優の50セントは、(別名:カーティスジェームズJacksonIII)彼の’つぶやき’に彼の’日本’論評のための攻撃を受けている。

50ゴットフリートが良いいくつかのかを説明した。

彼らは彼らの’贈り物’を損なうファンからの償還を獲得は言うまでもありません。

そうでなければ指示に関係なく:言論の自由は常に文字列とタグの添付が付属しています。

ギフトは、常に呪いは、あなたがそのようにする場合を除きます。

インターネットのように….

あなたがオンラインで他の人のコンテキストを取り出すことができるか投稿してください。

一度、そこにあなたのライフスタイルのおっぱいにキスも。

昔からの投稿と同じように:

 ペンと紙は、時により銃以外の者を傷つけることが最も致命的な武器です。

私としては、私は今、私が痛くてきた一人のために自分自身を交換しようとしている。

5年後、私はまだ私がやったきたことを忘れていない。

何かを馬鹿実行する前にもう一度確認を取って、私は私が研究に行くことができることを望む。

“残念”。

壊したために行きなさい!

ダックをシャットダウンまたはあなたが愛する人と非常に良好な関係を取り締まるでしょう。

Listen
Read phonetically

Dictionary – View detailed dictionary

Tales from a ‘Gaijin’

Published March 14, 2011 by ladyserenity92

One slow Sunday night,

an American gaijin was looking for a sign that would give her hope that her friend had not perished in Japan’s earthquake.

There was a pull that led her to the July 2006 edition of Seventeen magazine.

As she sped through the pages, she saw the young ‘samurai’s’ face.

The ‘Gaijin’ was given a sign.

Yu was safe and unharmed.

Yu was 19;

I was 24-25 back in 2006.

5 years has gone by.

I want to apologized to him for being ‘socially’ incorrect.

That is why I’m doing these ‘bilingual’ post just for him.

although there are signs of hope in Japan;

at this time, communication is down.

Not even the people can contact via their cellphones.

Two actors Mouse and Z are having a struggle with an oni fighting access just to reach out and touch their loved ones.

Just like the States and the rest of the world , we are still hanging on.

Without the ‘blogbashing’ from Yu Kona

I would’ve haven’t gotten to know the real Japanese people.

It was in Seventeen July 2006 I’ve got to love Haruki Murakimi or a host of Japanese writers.

Plus, I’ve got to love other writers and musicians.

I guess you could say Yu ‘scolded’ me into reality about his world.

I visited Japanese festivals, drew comics; I could go on mixing eastern & western ‘enchantments.

I’m glad Yu’s alright!

I’m going to keep on posting more of the ‘bilingual’ messages until the People of Japan recovers.

Go for broke!

One遅い日曜日の夜、

アメリカ外人は彼女の友人は、日本の地震で死んでいなかったという彼女の希望を与える記号を探していました。

セブンティーン雑誌の2006年7月版に彼女を導いたプルがあった。

彼女はページを高速化として、彼女は若いサムライの’顔を見た。

‘外人’は、符号を与えられた。

Yuは安全で無事だった。

ユさんは19歳。

私は2006年には24から25まで戻ってきました。

5年が過ぎた。

私はは’社会的’正しくないされて彼に謝罪したい。

それは私が彼のためだけに、これらのバイリンガル’ポストをやっている理由です。

ただし、日本では、希望の兆しがある。

この時点で、通信がダウンしています。

もない人々が携帯電話を介して連絡することができます。

二人の俳優マウスとZは手を差し伸べ、自分の愛する人に触れるのアクセスを戦う鬼との戦いをしている。

米国および世界の残りの部分と同じように、我々はまだ掛かっている。

ゆうコナから’blogbashing’なし

私は本当の日本の人々を知ってもらっていないってことになる。

それは私が春樹Murakimiや日本人作家のホストを好きに持っているセブンティーン2006年7月にあった。

さらに、私は他の作家やミュージシャンを愛してんだ。

私はあなたが言うことができると思いますゆう彼の世界の現実を私に’叱った。

私は漫画を描いて、日本のお祭りを訪れた私は混合東部&’西部エンチャントに行くことができます。

私は喜んでYuさんの大丈夫よ!

私は日本の回復の人々まで、バイリンガル’メッセージの詳細を掲載し続けるつもりです。

壊したために行きなさい!

Helping a ‘friend’ in crisis

Published March 12, 2011 by ladyserenity92

Are you Crazy?!

Seventeen magazine’s Guys around the world issue.

www.seventeen.com

I never forgot the day when Yu Konna and I ‘unofficially’ became enemies.

It was  a cultural ‘misunderstanding’ that got him to hate me.

When he told me never to mail him again, I defied him and kept his emailing address.

That was five years ago,

back then,  I didn’t have a PC; in fact, I didn’t even have a photo of myself to post online.

Let alone a Facebook page.

When I saw the devastation in Japan,

I thought about Yu.

Waking up in the middle of the night thinking about him.

although I know a little Japanese and Yu doesn’t know much English,

I’ve got to know him as a brother.

I’ve met a lot of Japanese friends and had grew up in Hawaii during my dad’s stay in the Army.

Just like everyone in America, I’m concern about Yu Konna.

Is he alright?

This message will be posted bilingually.

I hope that Yu made it out alive.

As there are many miracles and losses in Japan;

One thing is certain: we both have to make peace once and for all.

Yu, I’m sorry!

Go for broke!

あなたはクレイジーですか!

世界の問題を回避する17誌の男。

http://www.seventeen.com

ゆう近くで…と私は’非公式の敵になったとき、私は決して日忘れてしまった。

それは彼が私を憎むようになった文化’誤解’でした。

彼は再び彼を郵送することが私に言ったとき、私は彼に反抗し、彼のメール送信アドレスを続けた。

それは、五年前

当時、私はPCを持っていなかった。実際に、私もオンラインで投稿して自分の写真を持っていませんでした。

単独でのFacebookのページみましょう。

私は、日本の荒廃を見たとき

私は、Yu考えた。

彼について考えて夜中に目を覚ます。

私は、多くの英語も知らない少し日本語とYuを知っているが、

私は兄として彼を知っているんだ。

私は、日本の多くの友人に会ってきた軍の父の滞在中にハワイで育ったていた。

アメリカではみんなと同じように、私は、Yu近くで…懸念をしています。

彼は大丈夫ですか?

このメッセージはバイリンガルに掲載されます。

私は、Yuが生きて、それを作ったことを願っています。

多くの奇跡と日本での損失があるので。

ひとつ確かなのは:我々は両方の平和きっぱりと確認する必要があります。

Yuさん、ごめんなさい!

壊したために行きなさい!

%d bloggers like this: